『ゆでうどん』『変わり種切り餅』の紹介とカレンダー配布のお知らせ

少し前から販売している、ゆでうどん。

当店では『ゆでうどん』の販売は初めてです。

 

正式には昭和の頃、ヤママサ(だったかな?)の

ゆでうどんを販売していた事はあります。

当時小学生か中学生だった僕の、お気に入りのうどんでした。(笑)

 

簡単に作れる『ゆでうどん』です。

受験生の夜食にも良い感じです。

これを食べて頑張って志望校に受かってね。

 

次は年末が近づくと店頭に並びだす変わり種の切り餅。

例年通り、『よもぎ』『あわ』『まめ』『げんまい』の

4種類の切り餅です。

白いお餅に飽きたら、お一ついかがですか?

 

 

お次はカレンダー配布のお知らせです。

今年も「月めくり」と「日めくり」のカレンダーを

配布用に用意しました。

 

この一年間にお米のお取引があったご家庭に、

どちらか一つ差し上げています。

 

頂き物等で年内にお米を購入する予定が無くても、

今年の1月から現在までに、お米のお買い上げ実績がある方でしたら、

ご希望の方には差し上げます。

是非店頭にてその旨お伝えくださいませ。

 

カレンダーは充分用意したつもりですが、年の瀬近くになると、

無くなってしまうかも知れません。

品切れの際はご容赦お願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


鏡餅

先日、卸の担当者が来店されました。

用件は正月用の伸し餅・鏡餅の案内です。

 

早速、当店でも予約受付を開始します。

 

当店お勧めは伸し餅です。

餅とり粉を使わず、ビニール袋に入ったまま伸してあります。

餅がカチカチにならないので、切るのも楽です。

 

鏡餅は餅がぎっしり詰まった成型一体型と、

切り餅がいくつか入っている個包装タイプの2種類があります。

 

個包装タイプは価格の割に、実際に食べられる餅が少ないので、

個人的には『勿体ない感』があるのですが、近年は個包装タイプの方が

人気があるようです。

 

「成型一体型だと切るのが大変」という声も少なからず聞きます。

慌てずゆっくりと包丁で押し切っていけば、結構簡単に切れるのですが、

これが少し『面倒くさい』のも事実かな。

でも食べられる餅の量は多いですよ。(笑)

 

 

そんなこんなで、まだ11月に入って間もないので、気が早いと思われるかも知れませんが、

お餅のご予約お待ちいたしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


長野飯山コシヒカリ入荷

手配が遅れていた『長野県飯山地区産コシヒカリ』が昨日入荷しました。

 

飯山コシヒカリの玄米メニューと、飯山のコシヒカリが原料の白米商品『幻の米』が、

30年産に切り替わりました。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 


岩手県江刺地区産ひとめぼれ

岩手県の江刺地区で収穫された『ひとめぼれ』を試食しました。

もちろん、30年産新米です。

 

昼御飯に炊き立てを試食した時には、

若干水っぽいというか、味が薄い気がしました。

新米だし、炊き立てのせいで水分が多いからでしょうか。

こういう風に書くと、少し辛口の評価に見えますが、

美味しさの方は問題なく美味しいお米です。

 

炊飯ジャーで保存して、再度夕飯に食べた時には、

昼間感じた水っぽさは無くなっていて、

個人的にはこちらの方が美味しく感じました。

 

もちろん炊き立てが不味い訳ではなく、好き嫌いの問題だと思います。

 

前回の『雪若丸』と比べると、『ひとめぼれ』は柔らかく感じます。

 

東北のお米は総じて炊き上がりは白くて綺麗です。

 

興味のある方は是非味わってみてください。

 

 

 

 

 

 


山形県産 雪若丸

『雪若丸』の試食をしました。

 

味は『つや姫』並み、食感はやや硬め、との触れ込み通り、

少ししっかり目のご飯になりました。

嫌な硬さではなく、個人的には結構食べやすい硬さです。

 

もちろん味も良いです。まだ『つや姫』の新米が入荷していないので、

『つや姫』との比較はもう少し先に持ち越しです。

覚えていたら、ブログで報告します。

 

 

『山形県産 雪若丸』は、しっかり目の食感のご飯が好きな方には、

お勧めのお米です。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 


長野道中記+お知らせ

前回ブログの通り、14日の日曜日に長野県へ新米の仕入れに行きました。

 

出発は午前3時過ぎ・・・の予定が、いつもの事ながらテキパキが苦手な僕。

グダグダしている内に結局30分過ぎになりました。

 

出発してしまえば、後はひたすら高速道路。

時々休憩しながら岡谷ICまで。

ICを降りてからは下道で長岡さんちまで。

 

現地到着は朝8時前だったかな。

トラックなので、あんまりスピードが出せません。

いつもこれぐらい時間が掛かってしまいます。

 

積み込みが終わった後にいつもお茶やコーヒー、

リンゴなどでおもてなしをしていただきました。

(いつもありがとうございます。)

 

なんだかんだと1時間近く話し込んでから帰路につきます。

 

帰る前に長岡さんの息子さんに、何気無く「この辺ってサワガニっていますか?」と

聞いてみたところ、「その辺にいますよ。」との返事。

 

それを受けて、長野ツアーにヘルプで付いてきた長男が、長岡さんの田んぼ近くの用水路を覗いていると、

ホントにサワガニ発見。

捕まえたかったけど、今回は入れ物も何も持ってこなかったので断念。

 

来年お邪魔する時には、サワガニ連れて帰ってこようかな?

 

そんなこんなで、長岡さんちを後にして帰り道。

 

長岡さんちからそう遠くない所にある、道の駅『マルメロの駅ながと』、ここには毎年立ち寄ります。

ここで家で待っている(?)家内に、野沢菜などを買ってきます。

 

その後、岡谷ICから長野道を走ります。

今年は一緒に来た長男が『伊那市のグリーンファームへ寄りたい』と言うので、

そこに向かってトラックを走らせます。

帰りは荷物を積んでいるので、行きにもましてスピードが出ません。

ゆっくり安全走行です。

 

そうこうしているうちにグリーンファームに到着。

一言でいうと、不思議な店でした。

 

産地の野菜などが売っている・・・ここら辺で言えばJAの四季彩みたいな感じの所と、

骨董品屋、リサイクルショップがくっ付いたような・・・ピンクレディーのLPレコードも売ってました。(笑)

道を挟んだ向かいの場所には、ヤギや鶏、ロバやミニブタ、孔雀などなどが沢山いて、

自由に見学出来ました。ヤギ、鶏は売ってもくれるみたいです。

 

ヤギ達。他にもヤギは沢山いました。

アップで

 

ミニブタは1頭だけ。

実際は結構でかい。

だけど大人しそう。

 

チャボ達。別の所に鶏もいっぱい。

謎の鳥(名前忘れた)

一緒に孔雀もいました。

 

 

その後、朝から食事をしていないので「そばでも食べようか」と思い、ナビで近くの蕎麦屋を検索。

一番近い蕎麦屋を目指して出発。

すると、なぜか人里から離れて山の中に案内されます。

段々道が細くなって・・・「この先にお店なんかあるの?」って感じ。

「どうしようかな、引き返そうかな」と思いつつも、そのまま車を進めます。

最後、更に細い脇道を入るように案内されて・・・

「これ入って、途中でUターン出来るの?」と恐る恐る入っていくと、間もない所にお店発見。

すれ違う車も一台も無かったのに、駐車場には10台以上の車が!

 

「エッ?何でこんな山奥にこんなにお客さんが来るの?」って言うのが素直な感想でした。

しかも車のナンバーは長野県外が多い。

 

駐車場から少し高い位置にお店があって、登って行くと店の外には順番を待つ人が10人以上。

山奥なので、殆ど何の音もしない静かな空間の中で、ベンチに座ってじっと待ち続ける人達。

スーツ姿のグループや、観光で来たのか洒落た若い女性組など。

 

長男と顔を見合わせ、『ここって、かなりの高級店?』

違う店にしようかと、一旦車に戻ってから、そういえば・・・とナビでお店情報をチェック。

 

お店紹介の中に「行者そば千円」の言葉を発見。

貧乏な僕と長男は少し安心して「それなら待つか」(笑)

 

待つ事にしたけど、外だけではなく店内にも数人順番待ちの人がいました。

外で待つ事30分程。店内で待っている人が呼ばれているのか分かりませんが、

外の人は一向に誰も呼ばれません。

結局1時間程待ってやっと名前を呼ばれて席に付く事が出来ました。

 

最初は「少しひんやりするけど涼しいなぁ」と思っていたのですが、

待ち続けている内にすっかり冷えてしまって、席に着いた時には『ウーッ寒っ』って感じ。

 

盛りそばみたいな『行者そば』ってやつを食べるつもりでいたのですが、

身体が冷えちゃったので温かいかけそばにしました。

それでも長男は『行者そば』を食べていました。

 

そうそう、お店の名前は「梅庵」

気になる方は、『梅庵 伊那市』で検索!

(実は何も写真を撮ってない。)

 

やっと昼食を終えたのが午後3時前。

やれやれで、ここからはひたすら帰り道。

 

最後に恵那峡SAで休憩。

朝ドラ『半分青い』でも出てたので、五平餅を食べました。

(そんな理由か?)

 

結局帰宅は7時前だったかな。

荷物を降ろして、後片付けをして終了。

 

これにて長野道中記はおしまいです。

 

 

それにしても20代の頃はヘッチャラだった長距離運転も、

この年になると結構堪えますね。

いつまで続けれるんでしょうねぇ〜(笑)

 

早速今日は、『自然乾燥の長野コシヒカリ』を店頭に並べました。

それから、長野とは関係ないけど、先週末に入荷した、

『福井県産 特栽いちほまれ』『山形県産 雪若丸』(どちらもスポット商品)

『新潟魚沼コシヒカリ』『新潟県産 新之助』『岩手県江刺地区産 特栽ひとめぼれ』

以上5品も30年産が並んでいます。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


長野県へ行ってきました

今年も長野県上田市の米生産者、長岡さんちへ行ってきました。

 

目的はもちろん、今年の新米を分けて頂くためです。

 

月曜日に店頭に並べる予定です。

 

道中の出来事は後ほどブログにアップする予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


メダカ入荷

レモンイエロー(ダルマ血統)、全身体内光、オロチ、以上3種類が入荷です。

 

オロチは当店では初です。

 

 

そろそろメダカの入荷も終わりになりそうです。

もしかすると今回入荷分が最終になるかもしれません。

あわよくば、もう一度入荷があるかも知れませんが、

メダカを持ってくる者曰く、

「もう一回持ってこれるかも知れないし、持ってこれないかも知れない。」

との事でした。

 

メダカ屋さんとしては、今年は去年に比べて、早く店じまいしそうです。

 

 

 

 

 

 

 


ミカンが入荷です。

しばらく品切れしていたミカンが入荷です。

 

品種は初回と同じ『味一』ですが、少し大きくなりました。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 


めだか入荷

マリンブルー、小川ブラック、日の丸メダカ、以上3種類が入荷です。

 

マリンブルーは初めて並びました。ブルームーンに似ているとの事ですが、

もう夕方で暗いせいか個人的にはブルームーンの方が綺麗に思いました。

 

ちなみに楊貴妃など、赤い系統のメダカの入荷は、今シーズンは無いそうです。

 

 

 

 

 

 

 


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM